Y(良い人を)J(自分たちで)C(ちゃんと採用する)プロジェクトで現場を巻き込んだら採用アイデアが湧き出した!――サイバーエージェント 新卒採用責任者 小澤政生氏(2)

資格・スクール
全社を挙げていっしょに働きたい人をみんなで探す

――YJCプロジェクトとは「Y(良い人を)J(自分たちで)C(ちゃんと採用する)」の略だと聞きました。小澤さんはその総責任者ですが、実際にどんな内容なのか教えてもらえますか。

 その名のとおり、「現場の社員が自分たちと働きたい人を自分たちの手で採用する」という施策です。当社では年に2回、役員も参加する「あした会議[1]」という合宿を行っているのですが、そこから新しい試みとして生まれました。背景には、当社の人事戦略における「21世紀を代表する人材を採用する」というビジョンがあります。YJCプロジェクトではその理念の下で、現場と人事が1つのチームになって採用に取り組みます[2]。

 これまでの採用では、まず人事が採用戦略を立ててインターンシップを設計し、すべて決まってから現場に依頼していました。一方、YJCでは現場と人事がチームを組んで、ゼロから採用設計をしていく点がこれまでと大きく異なります。人事からは毎月の予算と採用人数を伝えるのみで、採用戦略や母集団形成まで実際の採用活動は各チームで考えてもらいます。

 2017年11月にプロジェクトが立ち上がり、翌12月から本格的に動き出しました。この第1期の陣容は9チーム、250名で、各チームには25~30名程度の人……(中略)…… rget="_blank">YJC(良い人を自分たちでちゃんと採用する)プロジェクト始動!」

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
IoTプラットフォーム『obniz』がアーテック社のロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」に採用

株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 雄紀)が開発・ …

資格・スクール
【 ロボット検定開催 】

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 …

資格・スクール
マネージャーを廃し自律・分散・協調を目指すネットプロテクションズの人事制度「Natura」、評価や意思決定は?

マネージャーのいない組織 ――御社の新しい人事制度「Natura」につい …