WROの6歳から10歳向け新部門「WeDo Challenge」の日本大会 9月開催

学習・教育

WRO Japanとアフレルは28日、「WRO Japan 2018 WeDo Challenge」を、9月16日に東京・銀座のD2Cホールで日本初開催すると発表した。


この大会は、世界60ケ国以上が参加する国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)が新設した、レゴ WeDoを使用する6歳から10歳向けの新部門「WeDo Challenge(ウィードゥーチャレンジ)」の日本大会。

WROは、世界60カ国以上、2万2000を超えるチームが参加する自律型ロボットの国際的なコンテスト。子どもたちがロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われている。

開催概要

大会名:WRO Japan 2018 WeDo Challenge
開催日程:2018年9月16日(日)
開催会場:D2Cホール [東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル]
参加対象:6歳から10歳
競技カテゴリー:WeDo Regular
チーム編成:選手2~3名+コーチ(20歳以上の大人1名)
申込締切:2018年8月20日(月)大会詳細・エントリー

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【プログラミング教育の基礎2】思考の要素を「粉ふきいも」から考える…関西大・黒上晴夫教授

 次期学習指導要領で注目される、小学校での2020年からのプログラミング教育の導入。その第一人者であ …

学習・教育
ピクシブ、「すけぶfes!」で「高校生ライブドローイングイベント」開催

ピクシブは、イラスト好きな高校生・10代のためのイベント「すけぶfes!」に特別協力団体として参加し …

学習・教育
インターハイ相撲競技・団体戦32校の頂点は埼玉栄高等学校

ふじのくに千本松フォーラム(プラザ ヴェルデ)で開催された2018(平成30)年度全国高校総合体育大 …