Unipos――なにげない隠れた貢献を全社員で共有し称え合う文化を醸成、モチベーションとパフォーマンスを向上させる

資格・スクール
イノベーティブな組織の土台ができる

――まず、Uniposやピアボーナスについて教えていただけますか。

 Uniposは、従業員同士がお互いの隠れた貢献を知り、見つけ、称え合う文化を作るためのクラウド型ソリューションです。Uniposを導入することで、コラボレーティブで生産性の高い組織を作れます。

斉藤 知明(さいとう ともあき)氏Unipos株式会社 代表取締役社長。
東京大学機械情報工学専攻。学業の傍ら、株式会社mikanにてCTOとしてスマートフォンアプリ開発に従事。その後、Fringe81株式会社に入社。一年間エンジニアとしてアプリ開発等を行った後、Unipos事業責任者となる。2017年12月Unipos株式会社の代表取締役社長に就任。

 イメージとしては、全社員が閲覧できる社内SNSです。自分を手助けしてくれた人のことや、会社や周囲の人のためになる活動をした人のことを、それを称えるコメントとともにそこへ投稿します。これにより、その人の貢献が全社員の目に触れることになります。けっこう長い投稿もありますが、他社様の活用例では、1投稿あたり平均で50字程度です。また、投稿には「拍手」(いいね!のようなもの)を送ることができ、投稿を見た人がその貢献を……(中略)…… というのが概ねのペースですから、20人のチームだとしても週に20投稿くらいです。無理なく確認できると思います。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ミラティブ新CHROが明かす! スタートアップ企業における「組織人事の罠」と事業成長に必要なその環境

組織人事の罠とは  第1部の鈴木氏による講演では伝えたい8つの「組織人事 …

資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …