U-22プログラミングコンテスト2018、JJPCと初連携…ダブル応募可能へ

学習・教育
 22歳以下を対象とした「U-22プログラミング・コンテスト」は、2018年版公式Webサイトを2018年4月2日にオープンし、応募要領を公開した。2018年は小学生部門に代わり、新たに小中学生を対象とした「全国小中学生プログラミング大会(JJPC)」と連携するという。

 「U-22プログラミング・コンテスト」は、国内のIT人材の発掘・育成を目的とした22歳以下対象のプログラミングコンテスト。1980年より経済産業省の主催により開催され、2014年以降は民間の「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催。IT企業を中心とする協賛企業の支援のもと、2018年で39回目の開催を迎える。

 2020年に小学校においてプログラミング教育が必修化されることを受け、プログラミングが低年齢層にも広がりをみせていることから、「U-22プログラミング・コンテスト」は2017年に「小学生部門」を新設。2018年はさらなる発展を目指し、小学生部門に代わって小中学生を対象とした「全国小中学生プログラミング大会(JJPC)」と連携してコンテストを実施する。「アイデア(=創造)をカタチにする」という共通のコンセプトのもと、それぞれのコンテストの特徴を生かした施策を検討するなど、両者の発展に向けた企画が模索されている。

 JJPCは、若年のうちか……(中略)…… ストレージまたは郵送で申し込む

◆参考動画:U-22プログラミング・コンテスト2017のようす

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
個人指導塾のメリットや向いている子供の特徴

<!– –> 塾の形態には「集団授業」と「個別指導」があります。 …

学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …