TOEIC Listening & Reading Test、日本の平均スコアは520点で下位

学習・教育

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は6日、Educational Testing Serviceがまとめた、2018年の世界におけるTOEIC Listening & Reading Test受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果を発表した。

それによると、受験者の43%が「日常生活で英語を使用する割合は1~10%」と回答。英語学習において最も重視される能力として、23%が「リスニングとスピーキング」を選択した。

英語圏滞在経験については「6カ月以上の滞在経験がある」と回答したのは11%で、65%は「英語圏に滞在したことがない」と答えた。また40%が「3回以上のTOEIC L&R受験経験有」と回答、受験目的として最も多かった回答は「英語学習のため」31%で、日本とエクアドル(42%)、香港(37%)で多かった。


地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ、アフリカ、南米、北米(メキシコを含む)、アジアとなっており、日本の平均スコアは520点で下位にとどまった。

関連URL

レポートの詳細

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… 19/p117/pdf/Worldwide2018.pdf" target="_blank">レポートの詳細

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
8か国参加のセキュリティキャンプ、日本の学生・生徒募集

一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会は、「国籍・人種を超えた専門知識のあるグローバル人材の育成」 …

学習・教育
ファンタムスティック×新浜小の共同研究「ゲームinスクール」が成果

ファンタムスティックは21日、千葉・市川市の新浜小学校・特別支援学級との共同研究で進めている、授業に …

学習・教育
近畿大、学生サポートとして「Slack」導入を決定

 近畿大学は2019年11月25日から、業務改革・教育改革につなげるため、Slack Japanが提 …