TOEFL iBTテスト時間と設問数減、スコアレポートも変更

学習・教育
 Educational Testing Service(ETS)は、2019年8月1日以降に実施するTOEFL iBTテストより、テスト時間や設問数の削減などテスト形式とスコアレポートを一部変更すると発表した。申込方法も簡単になり、受験者に役立つ機能が提供される。

 TOEFL iBTテストは、大学レベルの英語を使用および理解する能力を測定するテスト。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの各スキルを組み合わせて、学術的な課題を遂行する能力も評価する。

 テストを作成しているETSは、8月1日以降に実施するTOEFL iBTテストよりテスト形式とスコアレポートを一部変更すると発表した。新形式のテストでは、リーディング、リスニング、スピーキングの各セッションの設問数をそれぞれ削減。テストの時間はこれまでより30分短縮されて3時間となる。ただし、テスト形式全般または設問のタイプに変更はなく、これまでと同様、公平性、信頼性を備えたテストであることに変わりはないという。

 スコアレポートには、「MyBestスコア」という表示方法が導入される。MyBestスコアは、受験者の過去2年間の有効なTOEFL iBTスコアから抽出された各セクションの最高スコアが表示され、最高スコアの合計点も表示される。MyBestスコアの導入により、受験者は入学審査を行……(中略)…… れる。

 テスト形式やスコアレポート、申込方法の変更に関する詳細は、Webサイトで確認できる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験】Y-SAPIX「現役合格に必要な理数ガイダンス」6/28

 Y-SAPIXは2020年6月28日、高校1年生とその保護者を対象とした「現役合格に必要な理数ガイ …

学習・教育
iPadではじめる!先生のためのICT入門講座 【第25回】Zoomで動画作成

予習・復習、反転授業!? オリジナル動画教材を作ろう(後編)Zoomで動画作成教育ICTコンサルタン …

学習・教育
9割の子が成績アップ?! 中学生の”間違い直し”勉強法

<!– –> 間違い直し、解き直しでテストの点数が着実に上がる! …