SL理論とは?リーダーシップは部下の成熟度で変化させる

スキルアップ
<!----> リーダーシップ理論の歴史的変化

SL理論でリーダーシップ


リーダーシップ理論、つまり、リーダーシップの捉え方の歴史的変遷を辿ると、第1フェーズから第4フェーズに分けられます。

第1フェーズ「特性論」の時代(1900年以降)はリーダーシップは生来的な要素が強いと捉えられていた時代。例えば、カリスマ性は代表的な要件です。

第2フェーズ「機能論」の時代(1940年以降)は、リーダーシップは行動であり技術である、よって習得できると考えるようになりました。行動や技術と捉えることで今日のように研修などで学ぶことができるようになったのです。

第3フェーズ「条件適応理論」の時代(1970年以降)は、リーダーシップは状況に応じて取るべきスタイルが異なるという考えが主流となりました。

第4フェーズ「コンセプト論」(2000年以降)は、著名な学者がそれぞれの捉え方をする時代。例えば、変革型リーダーシップ、サーバントリーダーシップ、責任共有のリーダーシップなどが挙げられます。

今回は日常的に活用しやすい第3フェーズ「条件適応理論」を中心に、解説したいと思います。

<目次>

  リーダーシップは状況によって変化……代表とSL理論 ……(中略)…… ことが大切です。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
年末年始のフランス語表現……フランスの大晦日・お正月

<!– –> 大晦日やお正月で使えるフランス語の表現とは 家族で …

スキルアップ
年始の挨拶回りでの手土産……選び方や訪問時のポイント

<!– –> 年始の「挨拶回り」のマナー 意外性はないけど、日持 …

スキルアップ
退職の挨拶メール……返信する時のポイントと例文

<!– –> 退職の挨拶メールが届いた時の返信 退職の挨拶メール …