scoutyが4月に社名を「LAPRAS」に変更、候補者の情報を本人に公開する機能も追加

資格・スクール

 scoutyでは、Web上に公開されているITエンジニアの情報を自動収集し、ヘッドハンティングの候補者データベースを構築。クライアント企業はそれを閲覧・検索でき、自社で獲得したい人材にアプローチできる。

 ただし、情報はクライアント企業にのみ公開しているため、候補者が企業からどのように見えているのか分からない。これが企業と候補者間で情報の非対称性という課題を生み出していた。

 今回、候補者に本人のデータを公開し、この情報の非対称性を解消する。Web上での自身の市場価値が分かることで、候補者は評価を改善・向上するための行動(技術投稿サイトへのアウトプットやSNSアカウントの連携など)をとれるようになる。将来的には、候補者自身がscoutyに情報を入力できるようにし、収集したWeb上のオープンデータと融合させて、より高い精度のマッチングを実現していく。

 社名変更は、同社が人事・人材(HR)以外の事業に乗り出していくことが背景にあるという。人材採用を想起させるscoutyでは今後同社が作り上げたい世界観を表現しきれないと考え、LAPRAS株式会社への社名変更を決断した。実現したい世界観については社名変更時に改めて公開すると、同社では述べている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… への社名変更を決断した。実現したい世界観については社名変更時に改めて公開すると、同社では述べている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人はやや落ち着く―パーソルキャリア

 2019年10月の転職求人倍率は、前月比0.17ポイント減の2.52倍で、求人数は前月比100.6 …

資格・スクール
探究×AIを軸にした“遊ぶ時間を増やすための塾”を学童保育のCFAKidsと探究学習のa.schoolが共同で開校

特定非営利活動法人Chance For All(本部:東京都足立区、代表理事:中山 勇魚、以下 CF …

資格・スクール
採用管理ツール「Jobギア採用管理」に応募者がLINEで通知を受けられる機能を追加―アイデム

 追加した機能は、LINEが提供するAPI「LINE Notify」を利用したもの。「Jobギア採用 …