Ruby on Rails 5.0に対応したエントリーレベルの技術者向け資格「Rails5ベーシック試験」を開始―Rails技術者認定試験運営委員会

資格・スクール

 「Rails5ベーシック試験」は、Ruby on Railsの基本知識を問う試験で、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的に実施される。テクニカルアドバイザーであるlogic-sense代表 友村亮大氏に試験問題の作成に協力している。

 同試験では、gem install rails –version='~>5.0'でインストールされる範囲が問われる。プラグイン、rubygemsは出題範囲に含まれない。参考教材として『Railsチュートリアル(第四版)』が示されている。

 試験問題数は40問で、試験時間は1時間。7割正解すると合格となる。試験方式はCBT(単一・複数の選択式)。全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場で受験できる。受験料金は1万円(税抜)。学割・教員向けの割り引き価格5000円(税抜)もある。

出題範囲 項目 出題割合 1. Ruby on Rails概要 10% 2. ActiveRecordとActiveModel 35% 3. ActionPack ……(中略)…… 7. テスト(Minitest) 10% 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 8月の活動状況」を発表、副業に対して前向きな学生は約7割

 同調査は、2019年8月26日~2019年8月31日の期間に、2020年卒業予定の全国大学4年生お …

資格・スクール
「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える人事向け講座をプログラミングスクール7社と開講―LAPRAS

 エンジニア採用が非常に難しくなっている中、大きな課題として挙げられるのが、人事担当者のエンジニアリ …

資格・スクール
「資産拡大フェア2019」に株の学校ドットコム講師・窪田 剛が登壇!

受講者数日本一を誇る無料オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」(運営:株式会社トレジャープロモ …