Refcome――リファラル採用に参加しやすく成果も上がる方法と、それを支援する新サービスとは

資格・スクール
3度目のリファラル採用ブームがなぜ起きたのか

――なぜ今、リファラル採用が盛り上がっているのでしょうか。

 リファラル採用のブームは今回が初めてではなく、8年前から3年おきに起こっていて、今は3度目の波が来ていると捉えています。

 8年前にブームになった背景には、米国での成功があります。リファラル採用で入社した人の割合が、日本だと15%くらいなのに対し、米国では約28%と非常に多いんですね。「米国でこれだけうまくいっているのに、日本でやっていないのはおかしいだろう」と盛り上がったわけです。しかし、当時はFacebookなどのSNSを当たり前に使う人がまだまだ少なく、リファラルするための人脈をなかなか見つけられませんでした。

 その後、5年前くらいにWantedlyさんのようなソーシャルリクルーティングが流行りましたよね。ソーシャルリクルーティングとリファラルリクルーティングの違いは、“1対N”か“1対1”かだけで、「自分の会社を友達に薦めたい」という本質的なモチベーションは同じです。

 そして2〜3年前から再び盛り上がっているのは、SNSが浸透したことと、HR Techが普及したことが大きく寄与していると思います。<……(中略)…… きますし、カルチャーマッチにおいても、同じ意味でリファラル採用が十分に機能するところだと思います。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
【 秋のおでかけイベント開催 】

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)が運営するロボット製作×プログラミング×STEM …

資格・スクール
採用マーケティングツール「HITO-Link CRM」を発表、初心者でも転職潜在層へアプローチできるよう支援―パーソルプロセス&テクノロジー

 採用マーケティングとは、自社の戦略に基づいた「採用ターゲットとなる人材」にとって魅力となる自社の情 …

資格・スクール
オンライン完結型インターン“MISSION”を公開、開発課題をクリアしたエンジニアにアプローチできる―TechBowl

 「TechTrain」は、現役社会人ITプロエンジニアがメンターとして指導してくれる点が特徴のエン …