Python新試験「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」を発表、2019年夏リリース予定―Pythonエンジニア育成推進協会

資格・スクール

 「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」は、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験で、試験問題の作成はNECマネジメントパートナーが行う。

 主教材および出題範囲は、9月19日発売予定の『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』(寺田学/辻真吾/鈴木たかのり/福島真太朗 著、翔泳社 刊)で、問題数は40問(いずれも選択問題)。合格ラインは正答率70%。出題範囲は次表のとおり。

出題範囲:主教材である翔泳社刊『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』より以下の範囲と割合で出題する予定 章 節   問題数 問題割合 1   データエンジニアの役割 2 5.0% 2   Pythonと環境       1 実行環境構築 ……(中略)…… 細については公式サイトやFacebook、Twitter、公式Connpassページで今後告知する。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
アオバ三鷹キャンパス、国際バカロレアPYP候補校認定

 「ゆりかごから経営者まで」生涯に渡るリカレント教育プログラムの株式会社ビジネス・ブレークスルー(所 …

資格・スクール
クラウド人材管理ツール「カオナビ」上で適性試験「SPI3」の正式提供を開始―カオナビ

 カオナビは、2017年9月の「SPI3」とのサービス連携発表以来、一部のユーザー企業にSPI3の試 …