POL、学生対象のAI株価予測コンペ「Fintech Data Championship」開催

学習・教育

POLは、学生を対象としたAI株価予測コンペ「Fintech Data Championship」を、2019年1月16日~3月28日にかけて開催する。

同コンペは、実際に企業が提示するデータを元に機械学習を使用してデータ分析や推定を行い課題を解く、学生対象のコンペティション形式のオンライン上の大会。

第1回目の今回の課題は、1000万円で構築した日本株式のポートフォリオで、1カ月後に最も上昇する組み合わせを検討。5銘柄以上・10銘柄未満の株式の組み合わせを考える。

審査委員長は、東京大学大学院特任准教授の松尾豊氏。優勝者には賞金50万円が贈呈されるほか、優秀賞・アイディア賞にも20万円やMacbookなどが贈られる。

参加資格は、大学・大学院の学士、修士、博士過程のいずれかに在籍中の学生。大会参加者は、1月16日に開催されるオリエンテーション(参加費無料)への参加が必須条件。

地方在住の参加者には、交通費・宿泊費を支給。オリエンテーション参加者には、1人につき5000円相当のAmazonギフト券の参加賞を贈与。

開催スケジュール

・1月16日(水) 18:30~20:30オリエンテーション
(場所:日本経済新聞社東京本社 東京都千代田区大手町1-3-7)
・1月16日〜3……(中略)…… onnpass.com/event/113408/" target="_blank">オリエンテーション詳細

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
新小6対象、栄光ゼミナール「小学生 英語実力判定テスト」2/16

 栄光ゼミナールは2019年2月16日、新小学6年生(現小学5年生)を対象に「小学生 英語実力判定テ …

学習・教育
古河市立古河第三小学校、iPadでリズムづくりの学習

【PR】MetaMoJi ClassRoomで児童一人一人の学習の様子を把握し、リアルタイムで助言茨 …

学習・教育
高校受験で推薦入試に向く受験生・向かない受験生

高校受験で我が子は推薦入試に向くタイプか? 内申点と実力からみた、推薦入試に向く受験生と、向かない受 …