OpenStack技術者認定試験の最新版「OPCEL認定試験 Ver.2.0」をリリース、「Mitaka」から「Queens」まで対応―LPI-Japan

資格・スクール

 エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、OpenStackの技術者認定試験「OPCEL認定試験」のVer.2.0の提供を、10月10日に開始した。なお、従来の「OPCEL認定試験 Ver.1.0」も、「OPCEL認定試験 Ver.2.0」リリース後6か月間(2019年4月9日まで)受験できる。

 「OPCEL認定試験 Ver.2.0」のリリースは、2015年10月の「OPCEL認定試験 Ver.1.0」配信開始から3年が経ち、クラウドを取り巻く環境が大きく変化し、クラウドファーストがスタンダードな時代になってきたことや、OpenStackの成熟にともない、日本でも商用システムでの活用事例が増えてきたことを受けて行われた。

 「OPCEL認定試験 Ver.2.0」は、現在商用システムでもっとも利用されている「Mitaka」から、最新の「Queens」まで対応するとともに、商用システムで活用度の高いコアコンポーネントの選択と集中、さらにコマンドオプションの丸暗記問題を減らし、即戦力を問う知識問題を増やすといった変更を行っているという。

 受験料は3万円(税別)。試験はピアソンVUEが運営する全国のテストセンターで受けられる。

Ver.2.0の出題範囲 主題……(中略)…… オブジェクトストレージ(Swift) 2 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
低コストでハイパフォーマンス!スクール管理システムを実際に利用するスイミングスクールの導入事例を初公開

VISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:太田 信夫)は、自社が開発・提供する「バスキャッ …

資格・スクール
福島の幼稚園にて大好評!AIプログラミングアプリ『HelloThink!』の実証実験結果を公開

株式会社福島情報処理センター(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:小暮 憲一)及び、福島コンピュータ …

資格・スクール
「DMPとは何か」の説明から必要なエンジニア採用をインティメート・マージャーはどう成功させているのか

業務の拡大に追いつくべくエンジニア人材を急ピッチで増員中 ――DMPとい …