OKAN、新しい休暇・報酬制度「ワーク・ライフ・バリュー ストーリー」をスタート、メンバーの多様な価値観に沿う

資格・スクール

 企業に惣菜サービスなどを行うOKANは、従業員一人ひとりが持つ生き方・働き方への多様な価値観(ライフ・ワーク・バリュー:WLV)を満たすための新しい休暇・報酬制度「ライフ・ワーク・バリュー ストーリー」を7月からスタートさせると発表した。

 背景には、メンバー一人ひとりに日々の業務から一歩離れて自身の価値観(WLV)を大切にする時間を持ってほしいという、同社の考えがある。しかし、WLVに沿った生き方・働き方をメンバー個人の力だけで実現するのは難しく、会社がそれを理解し支援する必要があるとして、「ライフ・ワーク・バリュー ストーリー」を実施することにしたという。

 具体的には、手当(1万5000円)もしくは休暇(1日)を年1回与える。取得する手当や休暇には名前(子供1on1休暇、家族会議休暇、WOW!手当など)を付け、一つひとつをメンバーが紡ぐ“ストーリー”と見る。ストーリーを社内で共有することで、メンバーが互いの価値感を理解しあう環境をつくるという。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… ー”と見る。ストーリーを社内で共有することで、メンバーが互いの価値感を理解しあう環境をつくるという。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間と学習期間」の調査結果を発表―侍

 現役エンジニア50名を対象に、エンジニアになるまでの1日の平均学習時間を聞いたところ、平均4時間2 …

資格・スクール
日本の大企業でHR Techが広まらない理由、米国でHR Techがどんどん先を行く理由とは

大企業でHR Tech導入が進まない理由とは ――まずは2019年のHR …

資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …