MOTEX、追手門学院のセキュリティブック活用事例を公開

学習・教育

エムオーテックス(MOTEX)は15日、セキュリティの原理原則をまとめた同社の「セキュリティブック」を、追手門学院が活用した事例を公開した。

同社は、社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を2014年10月に発足。

その活動の一環として、2017年2月23日から、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」の提供を開始した。

同書は、全ページをWebから無料ダウンロードが可能な電子データ(PDF)で公開すると共に、書籍版も販売。

同書をもとに作成した「講師用資料」は、社内や学校などでのセキュリティ研修を行う際に活用でき、その後の復習に活かせる「テスト」も無料電子データの形式で公開している。

2018年9月末時点で講師用資料・テストの電子データの合計ダウンロード数は3万ダウンロードを突破。

今回、追手門学院は、「セキュリティブック」を活用し、生徒・教職員のセキュリティモラル向上を目的にオリジナルのセキュリティガイドを作成。学内の教職員・学生8000人に配布した。

また、オリジナルのセキュリティガイド作成にあたり、難しいセキュリティの内容を飽きずに読んでもらえるよう「セキュリティ……(中略)…… pe.jp/news/11442/" target="_blank">追手門学院 セキュリティブック活用事例

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …

学習・教育
KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、 …

学習・教育
高校生の長期留学を支援「ICC高校留学フェア」8-9月東名阪

 25年以上にわたり長期高校留学支援を行うICCコンサルタンツは2019年8月から9月にかけて、東京 …