LINE、戸田市教委と教育分野での連携協定を締結

学習・教育

LINEは21日、埼玉県戸田市教育委員会と教育分野での連携協定を締結したことを明らかにした。

両者は教育分野で緊密な協力関係を築くことにより、すべての子どもが安心して学べる環境づくりや、よりよい教育環境を実現することを目的としており。主に、情報モラルや情報活用などに関する事柄について連携を予定している。

具体的には、今年6月~7月にかけ、市の教員が、市内すべての公立小中学校で児童・生徒約8500人を対象に、LINEが開発した情報モラル教育教材を活用したワークショップ授業を実施する。

戸田市ではこれまでも情報モラル教育に取り組んできたが、児童・生徒がインターネット、スマートフォン、SNSなどを日常生活の中で使用していることを前提にした、児童・生徒の感覚や経験に寄り添った指導を行う難しさを抱えていた。そうしたなか、LINEの情報モラル教育教材は、コミュニケーションの本質を考えることができる点、情報技術を日常生活の中で上手に活用していく観点で制作されている点などが評価をうけ、授業に導入されることになったという。

今後は、戸田市の公立小中学校が授業で活用しているタブレットを使って、ICT活用も含めた視点での情報モラル教育教材の企画・開発や授業実践などの検討を進めていくほか、情報活用能力育成に向けたさまざまな取り組みを行っていきた……(中略)…… ・開発や授業実践などの検討を進めていくほか、情報活用能力育成に向けたさまざまな取り組みを行っていきたいとしている。

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …