LAPRAS SCOUTがエンジニアスカウト業務の担当分けとタスク指示を支援する「担当アサイン機能」を追加

資格・スクール

 多職種に比べてより専門的な知識が問われるエンジニア採用においては、社内のエンジニアと人事が協力して採用活動に当たることが一般的になっている。一方で、どの業務を人事が担当し、どの業務をエンジニアが担当するかという分担については定義されていないのが現状だ。

 LAPRAS SCOUTに追加された「担当アサイン機能」では、エンジニア採用におけるスカウトからカジュアル面談までのフローを4つの業務に分け、それぞれにエンジニアあるいは人事を担当者として設定する。各担当者には、フローの進行に応じて行うべきタスクが都度示される。

 4つの業務は次のとおり。カッコ内はLAPRASが推奨する担当者だ。

①アプローチ判断 <担当:エンジニア> タレントプールに追加された候補者に対してアプローチするかどうかの判断を行う。 ②ファーストアプローチ <担当:人事> アプローチをすることが決まった候補者に対して最初のアプローチを行う。 ③初回面談 <担当:エンジニア、またはエンジニアと人事> 初回の面談を担当し面談のフィードバックコメントを残す。 ④メール返信 <担当:人事> ファーストアプローチ以降のメールの作成、候補者への返信、面談日時の入力を……(中略)…… > LAPRAS SCOUTの「担当アサイン機能」 [画像クリックで拡大表示]関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
SpringフレームワークやGo、Python、JavaScriptなどのWebセミナーを販売開始、料金50%オフも―フルネス

 背景として、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、同社がオンサイト研修の延期、自社開催のオープン講 …

資格・スクール
STEAM教育を推進する静岡聖光学院と業務提携 -2020年度から当社コンテンツ・講師による情報授業を開始-

エデュケーショナル・デザイン株式会社(静岡県静岡市、代表:脇田 真太郎)では、このたび学校法人静岡聖 …

資格・スクール
AIの基礎を解説するオンライン学習資料「KIKAGAKU」を無料公開―キカガク

 「KIKAGAKU」は誰しもが挫折せず、最短距離で最先端の知識を身に付けることを1つの目標としてい …