iTeachers TV Vol.198 中萬学院 木暮 誠一 先生(後編)を公開

学習・教育

iTeachersとiTeachers Academyは7日、iTeachers TV Vol.198 中萬学院の木暮 誠一 先生による「アウトプットがあるともっと楽しい(後編)」を公開した。

中萬学院で使用している2つの英語学習アプリを紹介する。1つは英語を日本語に変換しながら理解するのではなく、英語のまま理解するためのリスニングアプリ。もう1つは、英語の発音を自動評価してより良い発音ができるようトレーニングしてくれるアプリ。英語は誰かを相手にしないと上達しないが、人間相手だと恥ずかしかったり時間が取れなかったりする。アプリを使えば機械相手なので、恥ずかしくないし時間の制約もない。人から評価されるよりも納得感も高くなるという。

木暮先生は、1985年中萬学院に算数講師として入社。現場で教室長などを経験した後、1991年同社本部教務部へ異動。授業を実践するとともに教務の要として教材の開発も担当する。1997年システム開発課に異動。全社ネットワークの構築、情報システムの導入、基幹系のオープンシステム化等を次々行い、現在のIT体制を作り上げる。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッド大学の栗谷 幸助 先生による、「教育現場で使える イチオシWebサイト紹介」。今回紹介するのは「科学ってオモシロイ!」。

……(中略)…… p>□アウトプットがあるともっと楽しい(前編)

[embedded content]

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …