ITパスポート試験を改訂、第4次産業革命に対応した出題範囲やシラバスの改訂を実施―IPA

資格・スクール

 「iパス」は、ITに関する基礎知識を評価するための国家試験で、2009年度の試験開始から2018年6月末現在まで、約89万人が応募し、約39万人が合格している。

 今回の出題範囲やシラバスなどの見直しおよび新技術に対応した出題の強化は第4次産業革命に対応するためのもの。「業務と役割」および「期待する技術水準」に新たな項目として、新技術(AI、ビッグデータ、IoTなど)やアジャイルなどの手法に関連する項目を追加した。

 出題範囲とシラバスについては、あらゆる業種の企業で活用されていくような新技術(AI、ビッグデータ、IoTなど)や、アジャイルなどの手法に関する項目、用語例を追加するとともに、近年の動向を踏まえた情報セキュリティに関する項目なども追加されている。

〔追加する主な項目・用語例〕

○新しい技術や手法
AI(ニューラルネットワーク、ディープラーニング、機械学習ほか)、フィンテック(FinTech)、仮想通貨、ドローン、コネクテッドカー、RPA(Robotic Process Automation)、シェアリングエコノミー、データサイエンス、アジャイル(XP、ペアプログラミングほか)、DevOps、チャットボット、IoTデバイス(センサー、アクチュエーターほか)、5G、IoTネットワーク(LPWA、エ……(中略)…… 点方式、合格基準に変更はない。

 なお、今回の改訂は2019年4月の試験より適用する。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …

資格・スクール
リファラル採用に関するアンケートを実施、30%がすでに導入済みも成果は少しずつ―MyRefer

 同調査は22~59歳の人事417名(男性191名、女性226名)を対象として、9月20日~9月30 …