ITエンジニア版ドラフト会議「転職ドラフト」を2020年は毎月開催―リブセンス

資格・スクール

 「転職ドラフト」は2019年まで隔月で開催していた。これを2020年は1月から毎月開催とする。転職ドラフトの開催数が増えることで、ITエンジニアを採用したい企業と転職意向のあるITエンジニアが接触する機会が増え、企業にとっては採用活動のスピード向上、転職希望のITエンジニアにとってはよりよい企業と出会う可能性が広がると、同社では述べている。

 2020年1月回の開催スケジュールは次のとおり。2月回以降の開催のスケジュールは順次公表する。

参加受付(再審査含む)[1]:~ 2020年1月15日(水)10:00 企業の指名期間:2020年1月15日(水)13:00 ~ 1月29日(水)23:00 指名返答期間[2]:2020年1月15日(水)13:00 ~ 2月6日(木)3:00

 転職ドラフトは、2015年11月のオープン以降、過去22回開催で延べ1万人以上のITエンジニアがエントリーしてきたという。

[1]: 本登録したITエンジニアの経験や転職意欲の有無について、転職ドラフト事務局が事前に書類審査を行う。審査は登録した人から順次行われる。<……(中略)…… : 参加企業からのドラフト指名に対し、転職のための面談選考に進むかどうかを返答する期間。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …

資格・スクール
第1回「アルゴリズム実技検定」の実施結果を発表、エキスパート認定者は全体の14%―AtCoder

 同検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を …