ITエンジニアを採用した後に――オンボーディングの取り組み方

資格・スクール

 本連載ではこれまで、ITエンジニアの採用にあたって重要と思われる点を、筆者の経験を交えて紹介してきた。今回はその最終回として、首尾よくITエンジニアを採用した後に、その新入社員をチームに迎え入れて慣れてもらう仕組み作りである「オンボーディング」について考えてみたい。

オンボーディングのねらいと3つの実施事項

オンボーディングを実施するねらいには、職種を問わず、次のような項目が挙げられるだろう。

新入社員が早く本来のパフォーマンスを発揮できるようにする。立ち上がりを早くする 新入社員と会社の間の期待値の認識を合わせる 新入社員と既存社員の間で交流が進み、皆が仲間としての一体感を持てる状態に早く持っていく。新入社員が、会社に帰属意識を持てるようにする

ITエンジニアの場合も、基本的にこの目的感に大きな違いはない。しかし、あえてITエンジニアならではの事情を勘案するなら、次の目的を達成できることがとりわけ重要だといえる。

新入社員が「わからないことに向き合う」ことの効率を早く、最高に高める

なぜ、この点が、ITエンジニアのオンボーディングにとってとりわけ重要なの……(中略)…… 3; オンボーディングの3つの要素

次ページから、上記①~③の事項について順にその具体的な内容を説明する。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「DeToNator」がeスポーツの教育事業に本格参入高等部にて初開講する専攻で世界トップ選手育成へ

 株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営する総合エンターテイメントス …

資格・スクール
SNSを使った募集サービス「bosyu」に複数人で運用・管理可能な「チームプラン」を追加―キャスター

 「bosyu」は、TwitterやFacebookのつながりを活用して、仕事と個人が出会うためのコ …

資格・スクール
AIプログラミング家庭教師「Aidemy Premium Plan」がリニューアル、学習期間やサポート体制を拡充―アイデミー

 「Aidemy Premium Plan」は、わからない箇所をメンターやチューターに質問でき、その …