iPadの新バージョン、学校向けは3万2800円から販売

学習・教育

Appleは10日、人気が高く購入しやすいiPadモデルの画面領域を広げ、フルサイズのSmart Keyboard1に対応した新しい第7世代のiPadを発表した。販売価格は3万4800円からで、学校向けには3万2800円から販売される。

新しくなったiPadは、10.2インチRetinaディスプレイを搭載し、Apple Pencil2のサポート、高速なA10 Fusionチップ、先進的なカメラとセンサー、一日中使い続けることができる優れたバッテリー性能を含む最新のイノベーションを採用しており、圧倒的な接続性と持ち運びやすさ、使いやすさを誇るという。

新しいiPadの注文は、オンラインでは10日から開始し、店頭では9月30日から発売する。

新しい第7世代のiPadはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色の仕上げで、32GB構成と128GB構成がある。価格はWi-Fiモデルが3万4800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが4万9800円(税別)からで、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、Apple Store、さらにApple製品取扱店と特定の通信事業者からも販売される。

Apple Pencil(第1世代)は別売りで、価格は1万800円(税別)。

Smart……(中略)…… get="_blank" rel="noopener noreferrer">AppleのiPadサイト

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …