IoTプラットフォーム『obniz』がアーテック社のロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」に採用

資格・スクール

株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 雄紀)が開発・提供するIoTプラットフォーム『obniz(オブナイズ)』が、幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤原 悦)が開発販売するプログラミング教材『アーテックロボ2.0(アーテックロボ2.0)』に採用されました。

アーテックロボ2.0にobnizを採用

文部科学省が2017年3月に公示した新しい学習指導要領においては、2020年から小学校へのプログラミング教育必修化の項目が盛り込まれており、教育課程の早い段階におけるプログラミング教育の提供が今後ますます必要性を増していくことが分かります。

また、高等学校で2022年度から、プログラミングを含む「情報I」が共通必修科目化されることや、「情報II」の新設などを受け、中等・高等教育におけるプログラミング教育への注目度がより一層高まっています。

しかしながら、現在流通しているプログラミング教材の多くは、プログラミングの基礎を学ぶものと実践的なプログラミングを学ぶものに二分されており、1つの教材で段階的にプ……(中略)…… ofollow noopener" target="_blank">https://obniz.io/contact

記事の全文を見る⇒(@Press)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …

資格・スクール
第1回「アルゴリズム実技検定」の実施結果を発表、エキスパート認定者は全体の14%―AtCoder

 同検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を …