ICT総合コンテスト「子どもみらいグランプリ2019」5/1より応募受付

学習・教育
 グローバルキャストの教育事業ブランド「G-VaLEd」は、名古屋市教育委員会後援のもと、小中学生向けのプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を開催する。参加応募期間は、2019年5月1日から6月3日。全国大会は7月15日。

 「子どもみらいグランプリ」では、参加を通じて、子どもたちのITリテラシーや論理的思考力、創造力を育む。2007年から始まり、今回が13回目の開催となる。これまでに延べ2万人の子どもが参加しており、年々参加者は増えているという。

 2019年度の一般公募のテーマは「伝える」。「CG-ARTS(シージーアーツ)部門」「プログラミング部門」「ロボットプログラミング部門」の3部門で、それぞれテーマに沿った作品を募集する。

 「CG-ARTS部門」は、Office(Word/Excel/PowerPoint)各バージョンでイラストを作成する部門で、色の使い方や構図、立体感などCGの観点で優れているかに配慮して、CG-ARTS協会が選考、最終審査を行う。「プログラミング部門」は、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用してプログラミング作品を作成する部門。「ロボットプログラミング部門」は、「スタディーノ」を使用して「日本のおもてなしが感じられ……(中略)…… 程:2019年7月15日(月)会場:ナディアパーク3F・デザインホール(愛知県名古屋市中区栄3-18-1)

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …