HDS-R(長谷川式認知症スケール)とは?MMSEとの違いや評価の仕方

資格・スクール
認知機能評価とは?

認知機能評価とは


認知機能評価とは、精神機能評価のことで認知症の症状(記憶障害、構成障害)などを評価することを意味します。日本において理学療法士が関わる対象者は、御高齢であったり、脳卒中、交通外傷などにより認知機能面に障害を抱えた方が多いです。その認知機能面の障害度で生活環境への配慮や家族の関わり方、医療介護職の関わり方、介護量も変化しますので、注意深く評価する必要があります。

ではさっそく、実習で使われることの多い、2つの認知機能評価の方法、目的について御案内します。

【目次】

  何が違う?長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)とMMSE ■長谷川式簡易知能評価スケール改訂版(HDS-R)

各質問には正解に応じた点数が割り振られておりこの点数で認知度の状態を判断します。


最も多く用いられている評価法です。運動性検査はなく、9つの項目について口頭にて質問形式により実施します。質問内容については画像の評価用紙をご参照ください。なお、各質問では以下の事を確認しています。
  年齢、日付、場所 :自己、日時、場所の見当識 3つの言葉:記銘力、遅延再生 計算 ……(中略)…… けたらと思います。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
IoTプラットフォーム『obniz』がアーテック社のロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」に採用

株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 雄紀)が開発・ …

資格・スクール
【 ロボット検定開催 】

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 …

資格・スクール
マネージャーを廃し自律・分散・協調を目指すネットプロテクションズの人事制度「Natura」、評価や意思決定は?

マネージャーのいない組織 ――御社の新しい人事制度「Natura」につい …