H35年度の都内公立小中学生数…小学校は約2.4万人、中学校は約1.5万人増の予測

学習・教育
 東京都教育委員会は2018年9月13日、平成30年度(2018年度)教育人口等推計(速報値)の概要を公表した。東京都の平成35年度児童・生徒数は平成30年度実数より増加し、公立小学校が4.16%増の60万9,053人、公立中学校が6.71%増の24万3,446人になると見込まれる。

 東京都の教育人口等推計は、教育行政上の諸施策を企画立案するために必要な基礎数値を得ることを目的とし、昭和31年度(1956年度)から毎年実施している。就学予定者数(就学前の幼児数)は「住民基本台帳による東京都の世帯と人口(平成30年1月1日現在)」、公立小学校児童数および公立中学校生徒数は「学校基本調査速報(平成30年5月1日)」の人数を基本に、学年進行に際してどれだけ増減するかを推計している。

 公立小学校の児童数は、平成26年度からの増加傾向を維持し、5年後の平成35年度は60万9,053人になると予測。平成30年度実数58万4,706人と比べ、2万4,347人(4.16%)の増加が見込まれる。

 公立小学校1年生の児童数は、平成34年度まで増加傾向にあるが、その後減少に転じると予測している。平成35年度には、平成30年度実数9万8,097人に比べ、2,929人(2.99%)増の10万1,026人となる見込み。

公立小学校1年生児童数・公立中学校3年生生徒……(中略)…… 千代田区39.3%増、港区35.7%増など。23区内で減少が見られる地区は、江戸川区1.7%減のみだった。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
合格可能性や予想偏差値がわかる、東進「全国統一中学生テスト」11/4

 東進は2018年11月4日、東進ハイスクール・東進衛星予備校・東進中学NETの各校舎や特別会場にて …

学習・教育
総務、文科、経産などによる「ICT関連重点施策セミナー」10月9日開催

新社会システム総合研究所 (SSK) は、「平成31年度ICT関連重点施策」と題して、総務省、警察庁 …

学習・教育
小中学生対象「化学まつり2018」長崎大薬学部9/22

 長崎県理科・化学教育懇談会は2018年9月22日、「化学まつり2018~めざせ!未来のノーベル化学 …