goo、IoTサービス「goo of things」を提供開始

学習・教育

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは4日、IoTサービス「goo of things(グーオブシングス)」を提供開始すると発表した。

「goo of things」では、企業が持つインターネットに繋がるモノと「goo」のパーソナライズ技術を連携させることで、新たな家族の繋がりを作り出すことを目指している。

また、第1弾として、「goo of things」は4日からミツウロコヴェッセルと連携することを明らかにした。ミツウロコヴェッセルが提供する安心見守りサービス「ミツ・メル」に対応したアプリ、ホームハブ、タグを「goo of things」から提供。これにより「goo of things」のアプリで、登下校や帰宅、外出時の通知や、家族間でのチャットを可能する。

さらに、同日からIoT協業パートナーの募集を開始した。日本の家庭にある様々なプロダクトと連携することで、あらゆる方向から家族のコミュニケーションを手助けするという。

関連URL

安心見守りサービス「ミツ・メル」

IoT協業パートナーの募集について

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… oo.ne.jp/got/partner/" target="_blank">IoT協業パートナーの募集について

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
アゴス・ジャパン「MBA・大学院・大学留学を知る1日」10/14

 アゴス・ジャパンは2019年10月14日、高校生や大学生、大学院生などを対象とした無料イベント「M …

学習・教育
SB C&S、iPadでオトナのCreativityを解放しよう「学校×iPadワークショップ」10月開催

SB C&Sは、iPadを使用して学校のあらゆるシーンに眠る潜在的なクリエイティビティを引き …

学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …