EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテスト、テーマは「未来の家」

学習・教育
 アフレルは、第4回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテストを開催し、5歳から中学生を対象に作品を募集する。応募期間は2019年4月11日~5月16日。「未来の家」をテーマに、教育版レゴマインドストームEV3またはレゴWeDo2.0基本セットでロボットを作成し、プログラムして動かしたロボットの動画が審査される。

 レゴマインドストームEV3は、レゴ社とマサチューセッツ工科大学(MIT)が共同で開発したロボティクス製品。対象年齢は10歳から。レゴWeDo2.0は5歳から取り組める、ロボット・プログラミング教材。どちらもレゴブロックを使ってロボットを作り、専用ソフトでアイコンを並べて、直感的にプログラミングできる。

 第4回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテストは、レゴマインドストームEV3またはレゴWeDo2.0でロボットを作成し、プログラムして動かしたロボットの動画を審査するコンテスト。「未来の家」をテーマに、90秒以内の動画に撮影・編集してYouTubeアカウントにアップロードして応募する。1人3作品まで応募できる。これまでのEV3部門に加え、今回からWeDo2.0部門が新設された。

 応募作品は、「機構」「アイデア」「映像の魅力」の3点で審査する。2019年5月21日~6月3日の期間に一般投票を行い、投票数が多かった作品に「一般投票賞」を……(中略)…… eアカウントにアップロードし、その動画の共有URLと必要事項をWebサイトの応募フォームに入力して応募する

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ドコモ、小学校向け教材「センサープログラミングPIoT(ピオット)」

 NTTドコモは2020年8月6日、小学生向けプログラミング教材「センサープログラミングPIoT(ピ …

学習・教育
アシアル、茨城県に「Monaca Education」を提供開始

アシアルは5日、茨城県が推進する「プログラミング・エキスパート育成事業」にプログラミング学習環境「M …

学習・教育
中学受験の算数、勉強法とは? みんなが陥りがちな誤解3つ!

<!– –> 中学受験の算数勉強法の誤解3つ! 親や塾講師も勘違 …