ECCと近畿大学附属小、AIを使った英語授業の効果を課外授業で検証

学習・教育

ECCと近畿大学附属小学校は、ECCの外国語対話アプリを使った英会話シミュレーションの効果を、30日に京都・清水寺で実施する課外授業で検証する。

近畿大学附属小学校では、ICT教育とグローバル社会で活躍できる人材育成に力を入れており、すでにiPad120台を導入、電子黒板を利用した授業も始めている。さらに、ECCが開発した外国語アプリ「おもてなCityへようこそ!」を導入し、児童全員の発話力の向上に取り組んでいる。

同校では毎年、英語でのコミュニケーションの実践として、外国人に英語でインタビューするという課外授業を実施しており、今回この課外授業で、対話アプリを使った英会話シミュレーションの効果を検証する。

「おもてなCityへようこそ!」は、アプリのキャラクターとさまざまなシチュエーションや話題で英会話を行うことで、語学学習でもっとも不足しがちな会話練習を効率的に行える体験型の会話シミュレーションアプリ。

プレイヤーの発話内容により、キャラクターの反応やストーリー展開が変化するので、一定の会話パターンを覚えるだけでは会話が成立しない。相手との会話内容により適切な応答が求められるので、「聞く」「話す」を組み合わせた実践的な会話練習ができるという。

関連URL

「おもてなCityへようこそ!」<……(中略)…… .fes-kinder.kindai.ac.jp/fes/" target="_blank">近畿大学附属小学校

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オリィ研究所、分身ロボでテレワーク研究に参加するテストパイロットを募集

オリィ研究所は17日、分身ロボットを利用した新たなテレワークでの働き方や外出困難な環境での社会参加の …

学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …