E判定からの合格は珍しくない?医学部受験の内実

学習・教育
 大学受験で自分の実力をはかるために受ける模試だが、医学部受験において模試の結果はあまり気にしなくてよいという。それはなぜなのか。医歯専門予備校の学院長が、偏差値と合格率のからくりについて解説する。合格可能性判定を気にしない

 偏差値同様、模擬試験の「合格可能性判定」も、あくまで「目安」でしかありません。受験生や親御さんにとっては、とても気になると思いますが、私たちは実際のところほとんど気にしていません。

 A~Eの合格可能性判定は、模擬試験を実施した大手予備校などの主催者が、模擬試験の受験者に大学入試が終わってから「合否調査」というアンケートを行い、その結果をもとに基準を決めます

 つまり「去年ウチの模擬試験を受けたA君、キミはどこの大学に受かって、どこの大学には合格できませんでしたか?」と聞いて調査し、その結果を集計していくわけです。

 その上で、「この時期の模試で偏差値が60だった人の約半数がA医大に合格している」といったことがわかります。

 翌年の受験生が、同じ時期に同じ予備校の模擬試験を受けて偏差値が60だと、この受験生たちはみんな「A医大はC判定」(合格可能性50%のボーダーライン上)ということになるわけです。

 基準になっているのは昨年の受験生の実績です。そもそも模試の受験生(高校等)から……(中略)…… 家族はもちろん、高校、塾、予備校でも医学部受験指導の必需品となっており、大学関係者からも高い評価を得ている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …