CompTIA Linux+ 日本語試験が8月9日より配信開始

資格・スクール

 CompTIA Linux+はANSI(米国規格協会)によりISO/IEC 17024:2012の認定を受けた資格。試験では、Linuxの主要ディストリビューションに関連するタスクが出題されるため、ベンダー/ディストリビューション固有のスキルを育成するための基礎を身につけられる。また、必要とされるスキルを正確に評価するために、選択式の設問に加え、パフォーマンスベーステスト(シミュレーション。詳細はこちらから)が出題されるという。

 CompTIA Linux+試験では制限時間90分で最大90問に解答する。合格ラインは100~900のスコア形式で720スコア以上。受験料は、一般価格が4万0424円、CompTIAメンバー価格が3万4361円(ともに税込み)。

 なお、同資格取得を通じて修得できるスキル、および各カテゴリの出題割合は次のとおりとなっている。

ハードウェアとシステム設定(21%) カーネルモジュール、ネットワークパラメータ、ストレージ、クラウドや仮想化テクノロジーなどを設定する。 システムのオペレーションとメンテナンス(26%) ソフトウェアとサービスを管理し、サーバーの役割、ジョブのスケジューリングとLinuxデバイスの使用と運用について説明する。�……(中略)…… 的なBASHスクリプト、Gitを使用したバージョン管理、オーケストレーションプロセスを実行する。 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
教師のためのオンラインスクール「しあわせ先生塾」【第3期】体験会を6月4日・5日開催!

先生の不安、悩みを解決するオンラインスクール、しあわせ先生塾(所在地:埼玉県さいたま市、代表者:梶谷 …

資格・スクール
緊急事態宣言後の働き方に関して「Return to Workplace基本方針」を策定―日本IBM

 Return to Workplaceの4つの段階は、次のWave 0からWave 3までとなって …