CISAの民間教育機関として日本初認定、システム監査の国際的資格―アビタス

資格・スクール

 CISAは、情報システム監査、セキュリティ、コントロールに関して指導的な役割を担うISACA(Information Systems Audit and Control Association)が認定する国際資格で、試験は約80か国で実施され、2016年末の時点で累計12万9000名の認定者が存在する。

 また、米Global Knowledge Trainingが3月30日に発表した「15 Top-Paying Certifications for 2018」(稼げる認定資格 Top15 2018年版)では、CISAは13位(年収額9万9684ドル)にランクインした(関連記事)。

 公官庁の入札条件に、CISAをはじめとするシステム監査資格の保有が明記される場合もあり、大手監査法人や上場企業を中心に、情報セキュリティに関してグローバルに通用する知識を備えた人材が求められ始めている。

 同資格は、顧客情報の流出をはじめとする企業の情報漏えいが相次いでいることを背景に、システム監査や情報セキュリティ、情報コンプライアンスに関する世界標準の知識を身に付けられるとして需要が高まっており、アビタスでは2007年4月に「CISA(公認情報システム監査人)プログラム」を開講し、2018年9月の時点で1122名の合格者を輩出してきた。

……(中略)…… た、同資格に精通した講師陣が、通学・通信の2形態で講義を展開しており、両形態を併用することもできる。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 4月の活動状況」を発表、半数の学生が最終面接を経験―マイナビ

 「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 4月の活動状況」は、2020年卒業予定の大学4年生お …

資格・スクール
2019年4月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人倍率は8.5倍にも―パーソルキャリア

 2019年4月の転職求人倍率は、前月比+0.02ポイントの2.19倍、求人数は前月比100.7%、 …

資格・スクール
採用管理システム「SONAR」とリファラル採用サービス「MyRefer」がAPI連携―イグナイトアイとMyRefer

 イグナイトアイは、MyReferと業務提携し、MyReferが運営するリファラル採用サービス「My …