Apple、無料プログラミング講座「Hour of Code」全直営店で12/1-14

学習・教育
 Appleは2018年12月1日から14日までの期間、全国の全直営店において「Hour of Code」のプログラミング講座を開催する。小中学生を中心に、初心者から経験者まで参加できるさまざまなプログラムを実施。11月26日よりWebサイトで申込受付を開始した。

 Hour of Codeは、プログラミングの先駆者グレース・ホッパーの誕生日とコンピュータサイエンス教育週間を記念して、Apple全直営店で実施するプログラミング体験講座。さまざまなスキルレベルの子どもたちにプログラミングを体験し、学ぶきっかけを与えることを目的に開催する。

 期間中、6歳から12歳を対象としたロボットプログラミング体験「Kids Hourセッション」や、12歳以上を対象とした「プログラミングを始めよう」「Swift Playgroundsでロボットをプログラミングしよう」、5歳から18歳までを対象としたAppleのプログラミング教材について学ぶ教育者向けの「Teacher Tuesdays」など、多岐にわたるプログラムを連日開催する。

 申込みはAppleのWebサイト内「Today at Apple」から参加を希望する店舗を選び、日時・プログラムから選択して申し込む。

 また、トップレベルのアプリケーションを創り出すためにプロのデベロッパーも利用しているApp……(中略)…… サイト内「Today at Apple」から参加を希望する店舗を選び、日時・プログラムから選択して申し込む

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オリィ研究所、分身ロボでテレワーク研究に参加するテストパイロットを募集

オリィ研究所は17日、分身ロボットを利用した新たなテレワークでの働き方や外出困難な環境での社会参加の …

学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …