AI型タブレット教材「Qubena」を小中高校に3カ月間無償提供

学習・教育

COMPASSは15日、同社のAI(人工知能)型教材「Qubena(キュビナ)」を小学校・中学校・高校を対象に3カ月間無償で提供するキャンペーンを開催し、その提供先となる学校の募集を開始すると発表した。

Qubenaは昨年度、経済産業省「未来の教室」実証事業に採択され、個別最適化学習(アダプティブラーニング)を可能とするEdTechの1つとして公立学校での学習効果を評価された。今年4月からは、新たに10校の学校、約3000人がQubenaでの学習を開始している。

今回のキャンペーンは、Qubenaと指導者向け管理ツールQubenaManager(マネージャー)を、サービス利用料などすべての費用を無料で3カ月間利用できるというもの。無償期間は、9月1日~12月31日の期間内の3カ月間。

対象科目は、小学校算数・中学校数学・高校数学ⅠAⅡB。募集校は10校で、1校あたりの利用者数制限はない。

応募するには、今までにQubenaを利用したことがない(9月1日より前に利用開始を予定している学校も対象外)、iPadをはじめとする対応デバイスやインターネット接続環境を持っている、または利用開始までに準備できる、アンケート実施・効果測定のための学習データ提供に協力できる、という3条件すべてを満たす学校であることが必要。

……(中略)…… a href="http://compass-e.com/" target="_blank">Qubena

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …