AIヘッドハンティングサービス「scouty」正式版がリリース、転職タイミングを通知するタレントプールなどの機能を追加―scouty

資格・スクール

 「scouty」は、従来の登録型転職サービスとは異なり、SNSや技術情報共有サービス、ブログといったインターネット上で公開されている情報を元に、エンジニアと企業をマッチングさせるAIヘッドハンティングサービス。登録は不要で、履歴書ではなく今の職場で発揮しきれていないスキルや、自身の潜在的なニーズを、オープンデータを元にAIが分析し、より活躍できる企業を提案する。

「scouty」正式版の概要(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 また、候補者の過去の経歴や、在籍経験のある企業の勤続年数分布、SNS上での行動を元に、機械学習によって転職可能性を予測。より転職しやすい傾向にある候補者へのスカウトが可能だという。

人材情報画面のイメージ(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 今回の正式版の提供に合わせて追加された「タレントプール」機能は、採用候補となる可能性がある人材を蓄えておくデータベースで、登録している候補者の転職可能性が高まったタイミングでアラートを通知してくれる。また、社員とつながっているエンジニアの登録によるリファラル採用の活性化や、自社イベントの参加予定者の登録によるイベントリクルーティングへの活用もできる。

「タレントプール」のイメージ(出典:プレ……(中略)…… 確認し、タレントプールに追加することで、scoutyのデータベース検索以外からの母集団形成も行える。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ラティス、ファナックのロボットとPLC制御設備の連携シミュレーションを実現する「ROBOGUIDE接続サービス」を5月22日より提供開始

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、 …

資格・スクール
「Spring就活エージェント」、内定者/新入社員向け研修サービス「キャリアスタートアップ・プログラム」の提供を開始―アデコ

 「キャリアスタートアップ・プログラム」では、新卒入社の社員が社会人として求められる視点や判断基準、 …

資格・スクール
日本初!休み方を学ぶ『ぐうたらスクール』がスタート 余暇の使い方がわからない“ぐうたら下手”急増中

神戸市の「エンカレぽっと」は、2019年6月2日より、休むことに慣れていないビジネスパーソンのための …