7割の親が「夏休みの宿題の進め方を子どもと相談」、らくらく連絡網調べ

学習・教育

イオレは23日、小学1年~6年生までの子どもを持つ、同社のグループコミュニケーションサービス「らくらく連絡網」会員692人(男139人、女553人)を対象に行った「夏休みの宿題に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

調査は、8月2日~12日にインターネットリサーチで実施。それによると、夏休みの宿題の進め方に関する子どもとの相談ついて、73.6%の親が「相談した」と回答。

相談した理由は、「進め方を相談しないと後に溜めてしまうから」(64.6%)や「宿題の量を確認したかったから」(50.7%)が上位。一方、相談しなかった理由は「子どもの自主性に任せているから」(46.7%)や、「進め方を相談してもその通りには進まないから」(36.5%)。

「子どもの夏休みの宿題を手伝う、手伝わない」については、58.4%の親が「手伝う」と回答。その理由は、「子どもの苦手な内容があるから」(34.8%)、「手伝わないと間に合わないかもしれないから」(30.6%)、「難易度や危険度が高く、子どもだけでは取り組めない部分があるから」(28.7%)の順。

一方、「手伝わない」理由の上位は、「自分の力で乗り越えてほしいから」(54.7%)、「子どもの宿題を手伝うと子どもの為にならないから」(44.8%)。

「何年連続で(子ど……(中略)……

イオレ

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
大阪市「中学生チャレンジテスト(3年生)」平均下回る

 大阪市教育委員会は2019年10月16日、2019年度「中学生チャレンジテスト(3年生)」の結果概 …

学習・教育
日本教育工学会、教育の情報化を考えるワークショップ、12月21日開催

日本教育工学会は、教育の情報化ワークショップ「ICT? EdTech ? テクノロジーは子どもの学び …

学習・教育
高校受験までのスケジュールと勉強計画の立て方

<!– –> 高校入試日程を確認し、受験対策スケジュールを立てよ …