3か月のトライアウト期間でミスマッチを軽減する転職エージェントサービス「TRYOUT」の提供開始―パラフト

資格・スクール

 「TRYOUT」は、3か月の業務委託契約でのトライアウト(お試し)期間を通じて、求職者と企業の双方が相性を確認した後に、正社員としての転職/採用の是非を判断できるサービス。3か月のトライアウト期間によって、転職後のミスマッチを軽減するとともに、実務経験の少ない職種でも希望のキャリアに挑戦することが可能になるという。

 利用方法は、登録およびキャリア面談~案件紹介~トライアウト期間~条件交渉の4ステップで、すべてのステップにおいて専門のエージェントが無料でサポートする。

 サービス開始時点で利用できる職種は、エンジニア、デザイナー、マーケターの3職種で、これらの職種での転職を希望する人や、正社員としての転職を検討しているフリーランスの人はもちろん、実務経験がなくてもこれらの職種に挑むべく、自身で学習している人やスクールに通っている人の登録も受け付ける。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… 験がなくてもこれらの職種に挑むべく、自身で学習している人やスクールに通っている人の登録も受け付ける。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …

資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …