2020年1月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、IT・通信系の求人倍率は高くも若干落ち着き―パーソルキャリア

資格・スクール

 2020年1月の転職求人倍率は、前月比0.54ポイント減の2.60倍で、求人数は前月比98.6%、前年同月比106.0%、転職希望者数は前月比119.3%、前年同月比105.7%だった。今月は転職希望者数が2割近く増えたため、転職求人倍率はやや下がった。ただし、前年より高いことには変わらない。

 業種別での「IT・通信」の求人数は前月比98.1%、職種別での「技術系(IT・通信)」の求人数は前月比99.1%と、先月に続きほぼ横ばい。前年同月比では、業種別「IT・通信」の求人数が106.3%、職種別「技術系(IT・通信)」の求人数が106.5%。これは先月より数ポイント伸びている。

 なお、業種別「IT・通信」の転職求人倍率は7.35倍(前月比1.49ポイント減)、職種別「技術系(IT・通信)」の転職求人倍率は9.77倍(前月比1.59ポイント減)と相変わらず高い中でも、職種別で11倍を超えた先月と比較すれば若干落ち着いた形だ。

 今回の調査結果について、doda編集長の大浦征也氏は次のように分析している。

 「1月は、12月に採用を終了した求人があったことや、例年新規の募集がそれほ増えないことなど、時期的な要因が重なり、求人数は微減となりましたが、依然として高水準を維持……(中略)…… あるため、転職希望者が数多くの求人から転職先を選べる状況は続くと予想されます」(大浦氏)

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
日本初!現役中高校生が経営する子ども向けプログラミング教室が京都にオープン!

 「ロジカ式」プログラミング教室を全国に展開する株式会社ロジカ・エデュケーション(本社:大阪府池田市 …

資格・スクール
社内の断絶を解消する即効策は世の中のどこにもない――「適応課題」だと知ることが組織改善の第一歩

対話力が世界的企業の復活を可能にした  まず宇田川氏は、経営戦略の観点で …

資格・スクール
「SONAR ATS」のHR領域におけるマーケットプレイス化など事業戦略を明らかに―Thinkings

 昨今、人材不足で採用が困難な時代の中、応募方法・選考方法の多様化や新たなコミュニケーション手法など …