2020年度SAPIX偏差値最大48、細田学園中学校が考える「新時代に必要なスキル」

学習・教育
 大学入試改革の影響か、特色ある入試を打ち出す学校が増えている。真新しさや物珍しさから取り沙汰される一方で、注目すべきはその背景にある学校の教育方針と求める学生像、そして何よりそれを経て実際に集まった生徒たちだろう。

 2021年に創立100周年を迎える細田学園は、2019年4月、中高一貫教育を行うべく、細田学園中学校を開校した。細田学園中学校の入学試験は、一般入試とdots入試(適正検査型)、特待生入試、英語入試の4方式。グループワークや面接を含むdots入試では、思考力や表現力など、ペーパーテストだけではわからない力が試される。一般入試も記述問題が多く、自分の考えをしっかり表現する力がなければ得点することは難しい。

 このようなユニークな入学試験を経て、2019年4月には第1期生が学び舎に集まった。SAPIXの2020年度用中学入試日別偏差値一覧では、開校2年目となる細田学園中学校の特待生入試(1月10日)偏差値が48、一般入試(1月10日・12日)偏差値が38と高い数値となった。初年度入学者のポテンシャルに期待が高まる結果だ。この驚きの入試結果の秘密は何か、同校の副理事長兼副学園長の持田直人氏、教頭の山中聖子氏に聞いた。

知識問題の正答率よりも重視すべきは「自分の意見を表現できること」

--SAPIXの偏差値が最大48と、とても高い数字がつきました……(中略)…… の子たちが、6年間でどんな「dots」を見つけるのか、そしてそれがどんな形につながるのか、今から楽しみだ。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
8か国参加のセキュリティキャンプ、日本の学生・生徒募集

一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会は、「国籍・人種を超えた専門知識のあるグローバル人材の育成」 …

学習・教育
ファンタムスティック×新浜小の共同研究「ゲームinスクール」が成果

ファンタムスティックは21日、千葉・市川市の新浜小学校・特別支援学級との共同研究で進めている、授業に …

学習・教育
近畿大、学生サポートとして「Slack」導入を決定

 近畿大学は2019年11月25日から、業務改革・教育改革につなげるため、Slack Japanが提 …