2018年度(平成30年度)宅地建物取引士試験の解答速報

資格・スクール
2018年度(平成30年度)宅建試験の解答速報  

2018年度(平成30年度)宅地建物取引士資格試験 解答速報

注)2018年10月21日時点での予想解答です。
注)問35は選択肢2と3が表現が微妙なので2又は3が答えと判断しました。

※ オールアバウト宅建試験専門ガイド田中謙次による2018年度宅建士試験の解説動画

 

2018年度(平成30年度)宅建試験の特徴 1. 総評
2018年10月21日、宅地建物取引士資格試験が全国で実施されました。
申込者は265,491人で、昨年度よりも6,980人も増加しています。

難易度的には例年通りで、権利関係や税法に一部難易度の高い問題がありましたが、全体的には過去問をしっかりと勉強していれば正解を導けるものが大半でした。

2. 権利関係
権利関係の問題は、例年通り、14問中5問程度が正答率50%前後となりそうな内容でした。しかし、残りの9問は過去問を通じて学び、基本的な判例を覚えていれば確実に正解できた問題でしたので、おそらく、合格者は8~10問程度正解するものと予想されます。
なお、昨年まで出題されていた「条文の有無」の問題は今年は出題さ……(中略)…… 試験問題を掲載しております。  

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
福島の幼稚園にて大好評!AIプログラミングアプリ『HelloThink!』の実証実験結果を公開

株式会社福島情報処理センター(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:小暮 憲一)及び、福島コンピュータ …

資格・スクール
「DMPとは何か」の説明から必要なエンジニア採用をインティメート・マージャーはどう成功させているのか

業務の拡大に追いつくべくエンジニア人材を急ピッチで増員中 ――DMPとい …

資格・スクール
HITO-LinkパフォーマンスがOKRの運用定着機能を強化―パーソルプロセス&テクノロジー

 同社では、OKR最大の特徴は「会社のビジョンと個人の目標の方向性を統一できる」ことにあり、そのため …