高校生対象の英語エッセイコンテスト、6/3より作品受付開始

学習・教育
 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、日米協会協賛のもと、高校生対象の「第11回 IIBCエッセイコンテスト」を開催する。テーマは「私を変えた身近な異文化体験」。応募期間は、2019年6月3日から9月5日まで。

 「IIBCエッセイコンテスト」は、高校生対象の英文エッセイコンテストとして2009年より開催。1校あたり2作品までの応募が可能な「本選」と、1校あたり20作品(20名)以上から応募が可能な「奨励賞」があり、いずれも学校単位で応募する。第1回からの累計応募数は、本選が791校1,187作品、奨励賞が189校1万928作品にのぼるという。

 エッセイのテーマは「私を変えた身近な異文化体験」。家族や友人、先生など、身近な相手とのコミュニケーションにおいてどのような「異文化」に出会い、感じ、学び、どのようにコミュニケーションギャップを乗り越えたのか、それらの体験から自身がどう変わったのか。将来グローバルに活躍するであろう高校生に、異なる文化を持つ人々とわかり合うことの大切さを見つめ、考える機会を持たせることをねらいとしている。

 応募資格は、日本の国公私立高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学する生徒。応募作品となるエッセイは英語を使用し、501語以上700語未満の語数で構成する。翻訳ソフトの使用は禁止、……(中略)…… して送信、またはエッセイ作品すべてを印刷して郵送または宅配便で送付する※作品の応募はいずれも学校単位で行う

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
開成の大学合格実績2019、東大186人・早慶420人

 開成高等学校の2019年大学入試結果を見ると、東京大学に186人、慶應義塾大学に198人、早稲田大 …

学習・教育
NSSOL、小学校向けプログラミング教材をWebサイトで無料公開

日鉄ソリューションズ(NSSOL)は18日、新学習指導要領に準拠し、Webサイトからすぐに使える小学 …

学習・教育
【大学受験2021】大学入学共通テスト・大学入試英語成績提供システム日程掲載、河合塾

 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は2019年7月18日、2021年度入試以降の情報に「 …