高校生対象「生き物のつぶやきコンテスト」10/31締切

学習・教育
 生物科学学会連合(生科連)は2019年7月20日より、高校生を対象に第1回「生き物のつぶやきコンテスト」の作品を募集している。応募締切は10月31日。優秀賞には記念品、副賞(5,000円ギフトカード)を贈呈する。

 「生き物のつぶやきコンテスト」では、高校生の若い感性で自然の生きものの気持ちを想像し、その“つぶやき”を作品として募集する。優秀賞には記念品、副賞(5,000円ギフトカード)を贈呈する。

 応募作品は、応募者本人が撮影し執筆した未発表のオリジナル作品に限る。提出書類は、自然の中で生きている「生きものの写真(生きものの情報、撮影場所、日時)」、撮った生き物の「つぶやき」(1文程度)、生きものとの“心の対話”で感じたことを200字から400字程度にまとめた「エッセイ」、氏名や住所、連絡先、将来の夢といった「応募者の情報」の4つ。1人2作品まで応募できる。

 応募は、メールにて受け付けている。締切りは10月31日。11月下旬に優秀賞を選出し、受賞者には直接連絡する。作品例やコンテストの詳細は、Webサイトにて確認すること。

◆第1回「生き物のつぶやきコンテスト」
対象:生物や環境問題に興味のある高校生
締切:2019年10月31日(木)
申込方法:提出書類をメールで生科連事務局まで送付する

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ教室・忍者ナイン、小学生向け新コース

 やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、小学生向けにスポーツ種目別の …

学習・教育
プログラミング教育ロボット「こくり」、特別支援学級で実証実験

日販テクシード(NT)は、同社が独自開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット「こくり …

学習・教育
「女子学生のためのテクノフェスタ」名工大11/9

 女子中高生を対象にした「女子学生のためのテクノフェスタ」が2019年11月9日、名古屋工業大学で開 …