首都大と千葉工大の学生がカーデザインに挑戦「国際学生EVデザインコンテスト」

学習・教育
「国際学生EVデザインコンテスト」を主催している電気自動車普及協会(APEV)は21日、国内の大学生を対象にしたワークショップを開催。マーカーとパステルを用いたスケッチワークの基礎がレクチャーされた。

このワークショップは、コンテストのプレイベントとして位置づけられたもの。会場のThe Gallery Too(東京・虎ノ門)に集まった学生は首都大学東京と千葉工業大学に在籍する合計7名。当初はさらに多くの学校から申し込みがあったものの、諸事情によるキャンセルがあったため2校のみからの参加となった。ただし人数が少なかったことで、参加学生はマンツーマンに近い指導が受けられることになっていた。

ワークショップはまず、コンテスト実行委員長の山下敏男氏の講義でスタート。デザインするとはどういうことか、そしてデザインする際にスケッチを描くことの意味や意義などを説明した。デザインで重要なのはビジョンとスキルだと山下氏。「どんな世の中にしたいのか、ということを企てることがビジョン。美しさなどで心を掴むために必要なのがスキル。スケッチはアイデアのヒントをまとめ、創造するためのツールだ」と説いた。

マーカーとパステルを用いたスケッチ作成の実演では、リフレクション(光の反射)で立体感を表現する手法の使い方や、ラフな線でもしっかりした絵に見せ、説得力を持たせるためのテクニックなど……(中略)…… 。

APEVがデザイン学生向けにスケッチワークショップを開催…アイデアは表現しないと伝わらない

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
「デジタル花火」でプログラミング×ものづくり体験、大阪ATC11/2

 システム開発のAMG Solutionは2019年11月2日、大阪で開催されるATCロボットストリ …

学習・教育
「5G」、この1年で認知度が大幅向上し「約8割が認知」=ジャストシステム調べ=

ジャストシステムは10日、情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN「高校生コース」募集説明会…東京・札幌・大阪・福岡などで開催

 トビタテ!留学JAPAN「高校生コース」第6期募集説明会&体験発表会・留学フェア・セミナーが東京、 …