間違いメールを送った後の謝罪メールの書き方と文例

スキルアップ
間違ったメールを送ってしまった……

ショックを受けるよりも挽回する気持ちで!


どなたでもメールのミスはあるものです。ミスをしてから慌てないよう、まずは3つのシーンを挙げながら対処法を解説していきます。

■間違ったメールを送ってしまった


シーン1.情報を間違えて伝えたとき 約束の日時や場所、数量など本文の一部に誤りがあったなら、もう一度メールを送り、間違いの箇所をハッキリさせたうえで正しい情報を伝えます。このとき、正誤の両方を対比させると、読み手はわかりやすいものです。さらに相手が前のメールと見比べないで済むよう、必要な情報はすべて載せておくと親切です。シーン2.誤字脱字に気づいたとき 誤字脱字であれば、正誤を書くまでもないので、次のような文章で謝りましょう。「様」の敬称をつけ忘れ、大変失礼いたしました。
お名前の漢字を間違えまして、お詫びいたします。先ほどは作成途中のメールを誤って送信してしまいました。申し訳ございませんが、削除願えますでしょうか。

シーン3.相手からミスを指摘されたとき 自分では気づかず、相手からミスを指摘されることがあります。その場合は、できるだけ速やかに返信しましょう。相手にすれば、メールを待つ時間は長く感じるため、スピードと誠意をもって……(中略)…… ーも一度確認しておきましょう。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
働く女性の「手帳と文具」 書き方&選び方一挙紹介

 日経ウーマンオンラインで人気の「手帳」と「文具」。今回は、よく読まれた記事の中から厳選して、手帳の …

スキルアップ
諒設計アーキテクトラーニングスクールの「着物マイスター W資格取得スペシャル講座」通信講座を新規開講しました。

着物マイスターW資格取得講座、着物マイスターW資格取得スペシャル講座では、着物に関する基本知識から着 …

スキルアップ
「朝活」から「ヘアケア」まで 今年の人気記事を厳選

 日経ウーマンオンラインで今年人気だった記事を編集部が厳選。「朝活」から「ヘアケア」まで、幅広いジャ …