都内公立学校で「体罰の程度が著しい事案」2件増…2018年度調査

学習・教育
 東京都教育委員会は2019年6月20日、2018年度(平成30年度)に発生した都内公立学校における体罰の実態把握について、調査結果を公表した。前年度より、不適切な指導や暴言などの「不適切な行為」が22人減。一方で、体罰の程度が著しい事案が2件増となった。

 東京都教育委員会は、体罰の根絶に向けた取組みを行うため、都内公立学校における実態把握のために調査を実施。2018年度調査では、都内の全公立学校2,158校の校長、副校長、教職員、児童・生徒を対象に調査を実施。294校から527件の報告があった。

 報告の内容は、「体罰」23人、「不適切な行為」197人、「指導の範囲内」149人。2017年度と比較すると、「体罰」は1人増とほぼ横ばいだったが、「不適切な行為」は22人減。「不適切な行為」のうち、「不適切な指導」は1人減の89人、「行き過ぎた指導」は増減なしの6人、「暴言など」は21人減の102人となっている。なお、「指導の範囲内」も12人減となった。

 体罰の行為者は、「教職員」23人。体罰の場面は、「授業などの教育活動中」17人、「部活動中」6人。体罰を受けた場所は、「教室・職員室」9人、「校庭・体育館」6人、「生徒指導室・廊下など」5人、「そのほか(校外部活動を含む)」3人。「教職員から体罰を受けた児童・生徒数」は、2017年度から8人増の31人……(中略)…… 都教育委員会Webサイトに掲載。体罰の程度が著しい事案が発生した学校名や事案の概要なども明らかにしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ・科学教室など「都立学校公開講座」参加者募集

 東京都教育委員会は2019年9月17日、「平成31年度(2019年度)都立学校公開講座一覧(9月以 …

学習・教育
みんなのコード、SDGsテーマに10代女性にプログラミング体験提供するWS

みんなのコードは、WaffleおよびアフリカのSTEM教育NPO「iamtheCODE(アイアム・ザ …

学習・教育
面接試験や入試本番で緊張しない方法

<!– –> 緊張しない方法とは?面接試験や入試本番に備えよう …