進研ゼミ「実力診断テスト」10万人突破…申込率1位は埼玉

学習・教育
 ベネッセコーポレーションの進研ゼミは、自宅でも受験できる「実力診断テスト」を2020年5月20日より無償で実施している。6月4日時点で10万人以上が申込み、埼玉県からの申込率がもっとも高いことがわかった。

 「全国実力診断テスト」は、進研ゼミの会員・非会員を問わず、すべての小中学生を対象に、自宅で実力診断テストを無償で実施している。また、テスト後には診断結果にあわせて個人用にカスタマイズされた「個別復習ドリル」をテスト結果とあわせて無償提供。提供期間は5月20日~7月中旬を予定している。

 無償提供開始の発表後、進研ゼミに「休校中はどのくらい子どもが勉強できているかわかりにくいから助かる」「全国規模で実力がわかることで学力を底上げできそう」「テスト結果に合わせてカスタマイズされた個別復習ドリルが良い」など、多くの声が寄せられた。

 実力診断テストの申込率は、都道府県別にみると「埼玉県」がもっとも高く、「神奈川県」「千葉県」など、休校や緊急事態宣言が長期化した都道府県から申込率が高い傾向にあった。また、学年別にみると、「小2」が14.8%ともっとも高く、「小4」12.4%、「小5」「小6」それぞれ11.8%、「中3」11.5%などが続いた。

 進研ゼミ中学講座 商品責任者の山根伊都子氏は、「今回の『実力診断テスト』は前学年の学力の定着をはか……(中略)…… た個別復習ドリルで取り組むことで、新しい学年の学習にもお役立ていただけると嬉しいです」とコメントしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【夏休み2020】Z会、小学生向け自宅学習教材を無料公開

 Z会は2020年7月10日より、新型コロナウイルスの影響で普段とは異なる環境におかれている小学生へ …

学習・教育
ネットワンシステムズ、相模原市立学校105校にネットワークシステムを提供

ネットワンシステムズは10日、GIGAスクール構想に基づく相模原市立学校105校(69小学校・35中 …

学習・教育
小学生対象「ゲームクリエイターと交流しよう」7月

 小学生向けプログラミング教育事業を手がけるCA Tech Kidsは、ゲームが大好きな小学生を対象 …