近畿大、対話AI「バーチャルTA」を導入し院生TAが運営

学習・教育

近畿大学理工学部は、9月18日から開講される情報学科の専門科目「情報メディアプロジェクトII」の講義に、対話AI「バーチャル・ティーチング・アシスタント(バーチャルTA)」を導入し、その運用をTAである大学院生が主体となって行う。

バーチャルTAの管理画面

理工学部情報学科では、約100人の学生が受講する専門科目「情報メディアプロジェクトII」の講義で、従来は教員やティーチング・アシスタント(TA)が対応していた学生からの質問に、IBM Watsonを活用してJIECが開発したAI問い合わせ対応サービス「manaBrain」を採用したバーチャルTAを導入する。

同システムは2018年の講義で試験導入され、教員とTAの業務改善に有効であることが明らかになった。2019年は、バーチャルTAを継続的に運用していくための方法を確立することを目的として、改めて授業への導入を行う。

具体的には、これまでの運用で得られた対話データを用いてバーチャルTAを改善するためのノウハウを体系化し、これまでの開発元企業(JIEC)主体での運用から、TAである近畿大学総合理工学研究科の大学院生を主体とする運用へと変更。また、教員はバーチャルTAを通してフィードバックされた学生のニーズを把握し、講義の改……(中略)…… jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">近畿大学

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ教室・忍者ナイン、小学生向け新コース

 やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、小学生向けにスポーツ種目別の …

学習・教育
プログラミング教育ロボット「こくり」、特別支援学級で実証実験

日販テクシード(NT)は、同社が独自開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット「こくり …

学習・教育
「女子学生のためのテクノフェスタ」名工大11/9

 女子中高生を対象にした「女子学生のためのテクノフェスタ」が2019年11月9日、名古屋工業大学で開 …