近大附属中、大規模校・一貫校ならではの課題解決に『すらら』活用

学習・教育

【PR】

個別対応に弱点、デジタル教材の課題

従来のデジタル教材といえば、配信された講義動画や問題などを受講する活用法が主流であった。異なる生徒たちが、同じ内容の教材に一斉に取り組む図式だ。もちろんそれぞれの教材に優れた点はあるが、一方で「アナログでもできることを、デジタルに移行しただけではないか」という指摘もあったのは事実だ。教材のコンテンツが均一化されがちなため、どうしても「理解」「定着」「活用」のどこかに運用の軸を置かざるを得ないからである。教材自体の難易度も同様だ。

結果として、生徒個々の特徴や現有学力に合わせた、いわゆる“アダプティブ”な学びとはほど遠くなる。アナログの一斉指導が抱える弱点・課題がそのまま残っていた、とも言えるだろう。

『破壊的イノベーション理論』で知られるC・クリステンセン教授(ハーバード・ビジネス・スクール)は、ICT教育の黎明期から「理想的な学習方法は人によって異なり、その実現にはコンピュータ導入が最適だ」と説いてきた。つまり、アダプティブな学びとICTの親和性の高さに言及しているわけだが、現状はそれを活かしきれていなかったのかもしれない。

アダプティブな学習環境を実現した『すらら』

『すらら』の教員用管理画面。 生徒の進捗が一目瞭然だすららネット

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験】共通テストの記述採点、準備状況を公表

 ベネッセのグループ企業である学力評価研究機構は2019年11月12日、大学入学共通テスト「国語・数 …

学習・教育
「eラーニングアワード2019フォーラム」開幕、大賞はジョリーグッド

e-Learning Initiative Japanとフジサンケイビジネスアイが主催する、「eラー …

学習・教育
【中学受験2020】四谷大塚「第4回合不合判定テスト」偏差値…筑駒72・桜蔭71

 四谷大塚は、2019年10月13日に実施した小学6年生対象「第4回合不合判定テスト」の偏差値一覧を …