謎が多い?国家試験合格率…旺文社が誤解を分析

学習・教育
 旺文社の教育情報センターは2018年6月、今月の視点として「国家試験合格率は謎が多い“入学者の7割が合格”は誤解?」を掲載した。大学の教育成果のアピールともなる合格率について、薬剤師国家試験を例に分析している。

 3月初旬から医師・歯科医師・薬剤師などの国家試験の合格発表が行われる。各大学は教育成果としてアピールとして、その合格率をWebサイトに掲載することが多く、大学受験生にとっては大学選択の大きな要因のひとつでもある。一方で、旺文社は国家試験の合格率について、「入学した学生がストレートに合格したかは、試験種によって謎が多い部分も見られる」と指摘している。

 レポートでは薬剤師国家試験を例として、「薬剤師国家試験の直近の合格状況」「合格率とは」「合格率に潜む問題点」「大学受験生にもわかりやすい情報提供を」で構成。その中で、「新卒の合格率は、入学者全員がストレートに卒業して受験した場合を意味するものではないということに注意が必要」と述べ、新卒者の受験率など3つの問題点をあげている。

 旺文社は、国家試験の受験に関して、「学力不足による受験回避(受験者本人あるいは大学の意図による)が大きいと見られる」と考察。各大学へ、入学者のうちどの程度の学生がストレートに国家試験合格を勝ち取るのかなど、大学受験生に向けた一層の情報公開を望むとした。なお、レポートは薬剤……(中略)…… 、Webサイトに教育情報や入試情報、入試動向分析などを掲載。「今月の視点」は、バックナンバーも閲覧できる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …