読書量が多いほど学力向上、算数で顕著…小学生の実態調査

学習・教育
 読書は学力が低い子どもたちにプラス効果が大きく、たくさん読書をしている子どもほど学力が向上することが、ベネッセ教育総合研究所が2018年10月26日に発表した調査結果より明らかになった。読書量は特に「算数」で偏差値の変化の差が大きいという。

 ベネッセコーポレーションの社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」は、電子書籍の読書履歴と学力テストやアンケート調査の結果をもとに、読書が学力や学びの姿勢にどのような影響を与えているのか、その変化を追跡する調査・研究を開始した。

 読書量が学力に与える影響について、2016年8月から2017年12月にかけてパネルデータが構築できた小学5年生4万2,696人(調査終了時は小学6年生)を対象に、1年4か月にわたって追跡調査を実施。読書量ごとに、0冊「読書なし」、1~2冊「読書少ない」、3~9冊「読書中くらい」、10冊以上「読書多い」の4グループに分けて分析した。

 分析の結果、読書量が多い子どもほど4教科の偏差値平均が向上した。「読書多い」は平均で1.9ポイント増加したのに対し、「読書なし」は平均で0.7ポイント減少した。

 教科別に偏差値の変化を見たところ、国語・算数・理科・社会のいずれの教科も「読書量」と「偏差値の変化」に有意差があった。「読書多い」グループがもっとも偏差値を高めている。教科の中でも……(中略)…… 深め、明らかになったことを社会に発信して、子どもたちのよりよい読書環境づくりに役立てていきたいとしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
プログラミング教育市場、5年後は2.3倍の250億円超に拡大

 子ども向けプログラミング教育市場は、2024年に2019年の2.3倍、250億円超に拡大すると予測 …

学習・教育
【本のプレゼント】「MESHをはじめよう」締切は25日

オライリー・ジャパンの提供で、お手軽IoTから教育まで開発者がみずから解説する「MESHをはじめよう …

学習・教育
フォニックスって?英語に強くなる読み書きのルール

2020年から小学校で英語が正式に教科になります。小学校で英語でつまずかないか心配という人必見!英単 …